リフォーム

MINOYA HOMEでは、注文住宅の新築だけでなく、リフォームのご相談もうけたまわっております。部分的なリフォームから、建物全体、解体・外構工事などを含む大規模リフォームまで、すべて自社施工にて対応。土木事業も行っている当社ならではの経験と技術を活かし、お客様のリフォームをトータルサポートします。

越前・鯖江を中心とした福井県全域でリフォームをご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談ください。また、こちらのページではMINOYAがリフォームのポイントや基礎知識をご紹介しています。ご自宅のリフォームの参考に、ぜひお役立てください。

リフォームのポイント

リフォームで後悔しないためのポイントとは?

リフォームで後悔しないためのポイントとは?

せっかく自宅をリフォームしたのに、「もっとこうすれば良かった」「失敗したかも……」と後悔してしまうケースもあるようです。そうならないように、まずはリフォームのポイントをしっかりおさえておきましょう。

POINT:1リフォームの目的を明確に
リフォームには費用がかかります。限られた予算の中で満足できるリフォームを実現するためには、まず「なぜリフォームするのか?」という目的を明確にしておくことが大切。目的が明確になっていれば、「ここは譲れない」というリフォームプランの的を絞りやすくなります。
POINT:2情報収集を怠らない
費用のこと、業者選びのことなど、リフォームに関わる情報をしっかりと集めておきましょう。「思い立ったが吉日」とは言いますが、一つの情報だけでプランや業者を決めてしまうのは早計。できるだけ多くの情報を集めて、比較検討した上で判断することが大切です。
POINT:3意思をしっかりと伝える
業者との打ち合わせで希望や指示を伝える際には、曖昧な言い方は禁物です。聞き手である業者スタッフが間違った受け取り方をして、お客様の希望通りのデザイン・仕様にならなかったというケースも少なくありません。言葉で伝えるだけでは不安な場合は、カタログ・見本などの資料を準備して「この通りにしてください」と伝えると良いでしょう。
POINT:4見積書チェックは慎重に
見積書は合計金額だけでなく、要望通りの仕様になっているか、材料などの記入漏れはないかといった細かい部分まで慎重にチェックしましょう。業者によって見積書の記載方法が異なる場合もあるため、より詳細な内容が記載された内訳明細書まで発行してもらうと安心です。
POINT:5着工後の変更に注意
リフォームでは、着工してから現状を鑑みて工事内容の変更・追加工事を行うことがあります。リフォームでは工事をはじめてみないと現状がわからないという面があるため、変更・追加自体は珍しいことではありません。ただし、そのために追加料金が発生する可能性がありますので、あとになって「知らなかった!」と驚くことがないように、変更・追加が生じた場合はその都度きちんと確認し、メモなどを残しておきましょう。
POINT:6住みながらのリフォーム
小規模リフォームでは、普段通りの生活を送りながら工事を進めることがあります。ただ、「ちょっとした工事だから」と思っていても、やはりプライバシーや不在時の対応など気になる点は出てくるもの。住みながらのリフォームを希望する場合は、事前に業者とよく相談しておきましょう。
POINT:7将来のことを見据えてプランニング
リフォームのプランを検討する際には、これから何年、何十年もそこで暮らすことを想定してみることが大切です。たとえば、リフォームする時点では気にならなかった段差が、数年経つと足腰が弱って大変に……という可能性もあります。バリアフリー化や手すりの設置など、先のことも含めて検討しておきましょう。一度にまとめてリフォームを行った方が、コスト削減につながるケースもあります。
POINT:8デザインだけを重視しない
特に外構・エクステリアのリフォームを検討する際には、デザインを優先しすぎて機能性・耐久性・防犯性がおろそかにならないよう注意しましょう。外構・エクステリアには、家や家族、プライバシーを守る役割があります。また、雨風にさらされる外構・エクステリアでは耐久性も重要なポイントです。

リフォームのタイミング

リフォームのタイミング

先にご紹介したリフォームのポイントのほかに、もう一つ気をつけなければならない大切なポイントがあります。それは、リフォームのタイミングです。

リフォームの目的には、大きくわけて「メインテナンスのため」と「ライフスタイルに合わせるため」の2つがあります。目的によって最適なタイミングが異なりますので、効率的なリフォームのためにおさえておきましょう。

メインテナンスのためのリフォーム

快適な生活を維持するために必要なメインテナンスは、住まいの場所によって最適な時期が異なります。場所ごとの「耐用年数」を目安に、最適なリフォームのタイミングを見極めましょう。

場所 耐用年数 詳細
システムキッチン 15~20年 シンク表面の汚れ・劣化が目立つ、サビが発生しているといった状態は衛生面にも関わるため、メインテナンスを検討しましょう。
システムバス 15~20年 仕様によって最適なリフォームのタイミングは異なりますが、システムバスの場合は20年程度、タイル仕上げの場合は10~15年が目安です。
トイレ 10~15年 タンク内の部品の劣化は不具合の原因となるため、1~2年を目安にチェックしましょう。
洗面所 10~15年 水漏れなどの点検を定期的に行うことをおすすめします。
屋根・塗装 15~20年 屋根の劣化、苔などは雨漏りにつながることがあります。色あせや苔が気になりはじめたら屋根の塗り替えを検討しましょう。
クロス 5~7年 ビニールクロスの使用限度目安は5~7年とされています。ただし、それ以前でも変色や剥がれが目立ってきた場合は、張替えの検討をおすすめします。
外壁 10~15年 外壁の寿命は10~15年とされていて、それ以上の時間が経過するとクラック・チョーキングなどが生じやすくなります。
ライフスタイルの変化に合わせるためのリフォーム

ライフスタイルの変化に合わせるためのリフォーム

家族構成が変わったり、家族が年齢を重ねたりすることで、リフォームが必要になるケースです。「子ども部屋を増やしたい」「子ども部屋が不要になった」「2世帯同居したい」「バリアフリー化したい」など目的によって最適なタイミングは異なります。

費用と手間のムダをできる限り省くためには、早い段階から5年、10年、20年と先を見据えたリフォーム計画を立てておくことが大切。メインテナンスのためのリフォームとタイミングを合わせて行えば、ムダのないリフォームが可能になります。

リフォームの基礎知識

リフォームの基礎知識

「リフォームで失敗した!」「損をした!」といった話を聞いたことがある方もいるでしょう。残念ながら悪徳業者による悪質な行為や、手抜き工事による被害などはいまだなくなっていません。ただ、だからと言って必要以上に怖がることもありません。きちんとポイントをおさえて業者を選ぶことで、こういったトラブルは避けられます。

リフォーム業者の選び方

大手ハウスメーカー、街の工務店、リフォーム専門業者など、リフォーム業者にはさまざまな種例があります。目的や仕様によって最適な業者は異なりますが、ここではすべてのタイプの業者選びに共通するポイントをご紹介します。

その1:施工を下請けに丸投げする業者は避ける

その1:施工を下請けに丸投げする業者は避ける

営業から契約まではしっかり対応するものの、実際の施工は別の下請け業者に丸投げしてしまう……というケースは少なくありません。このようなケースでは、相談・プランニング・見積りの担当者と実際の施工スタッフが違うため、トラブルが起きやすくなります。

最初の相談からプランニング、施工まで、自社で一貫対応できる業者なら、要望やプランの内容がきちんと施工スタッフまで伝わるため安心です。

その2:見積りはかならず「比較」すること

その2:見積りはかならず「比較」すること

最初から1つの業者だけに絞ってしまうと、その業者の良し悪しを判断する材料がありません。そのため、業者を選ぶときには複数の業者から見積りをとって、比較することが大切です。比較・検討の際は合計金額だけでなく、内訳や打ち合わせの内容がきちんと盛り込まれているかどうかなど、詳細まで確認しましょう。

その3:業者の実績をチェック

その3:業者の実績をチェック

自身が希望しているリフォームと同じ、またはそれ以上の規模・内容の工事を行った実績があるかどうかを確認しておくことも大切です。業者のホームページなどをチェックし、工事実績を見ておきましょう。工事実績をチェックすると、仕上がりのイメージやデザインなど、業者の持つ特徴・カラーもつかむことができます。

リフォームのよくあるトラブル

残念ながら、現在でもなお以下のようなリフォームをめぐるトラブルが発生しています。どのようなトラブルが多いのかを把握しておき、慎重に業者を選ぶようにしましょう。

  • 見積りに記載されていない費用を、あとから請求される
  • 契約時の施工内容通りに工事が行われていない
  • コストダウンのために、施工・部材の品質を落とす
  • 本来は不要な工事まで強引に勧められる
  • 法外な金額を請求される

リフォームのよくあるトラブル

工事の内容や業者の言動に無関心でいると、知らないうちにトラブルに巻き込まれてしまうことも。こういったトラブルの大半は、きちんと複数の業者を比較して慎重に選び、さらにプランニングから施工完了まで施主として積極的に業者と関わることで回避できます。まずは、リフォームの正しい知識を身に着けておきましょう。