SDGsの目標に向けた取り組み

SDGsとは?

SDGs(エス・ディー・ジーズ)は2015年9月に国連サミットにて採択された国際目標です。正式名称は「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」で、貧困をなくす、地球を保護する、全ての人が平和と豊かさを享受することができるなどを目指して17の目標で構成されています。

MINOYA HOMEでは、事業特性にあった取り組むべき課題を目標とし、解決に向けた事業やサービスを積極的に推進しております。

 

私たちができること

MINOYA HOMEは「住み続けられるまちづくりを」を軸とし、下記目標の実現に向けて取り組んでいます。

11.住み続けられるまちづくりを

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

8.働きがいも 経済成長も

12.つくる責任 つかう責任

 

高性能な健康住宅がもたらす効果

お客様が健康で安心して暮らせる家をつくるためには、段差のないフラットな家づくり、手摺の確保などのハード的なバリアフリーだけでなく、家全体に温度差がないなどの温熱的なバリアフリーも大切な要素になってきます。MINOYA HOMEがご提案する高気密・高断熱住宅なら、エアコンなどの電化製品に頼るのではなく、家の構造や換気によってある程度快適に過ごせるような住まいをつくることが可能です。

また、省エネな家づくりをすることは、自国で自給できるエネルギー内または少量のエネルギーの輸入で生活が成り立つようにするなど、自然環境を守ることにも役立ちます。

 

高性能な家づくりの普及活動

家をつくる際、作り手側に熱い想いやすばらしい技術があったとしても、それがお客様に伝わらなければ意味がありません。

MINOYA HOMEは地元密着型の工務店です。長年の経験と実績により、地域の気候風土を熟知し、その場所に最適な高性能・健康住宅をつくるためのノウハウがあります。その知識を有効活用し、お施主様が満足していただける家づくりのお手伝いができるよう「後悔しないための賢い家づくり勉強会」を定期的に開催しております。悔いのない家づくりをしていただき、そのお施主様が更にMINOYA HOMEの営業マンとなってくれるような家づくりができるように情報発信をし続けます。